« 抹茶のカステラ | メイン | イベント中止 »

だれでも年はとっていく

有名な、素晴らしい脚本を書く人が、音信不通になっていた、ということでした。
どうも高級とはいえ老人ホームに入っているらしく、そんな姿は人に見られたくないのか、音信不通。
それでもしつこく(!)追いかけた取材班は、その娘さんと会えたそうです。
少し話を聞くと、今は子供の家を言ったり着たり、だとか。
脚本を書けないくらい容体が悪いのか、ってことには答えなかったそうですが、
容体は良くもない、ってことかな。

こうやっておいかけまわされたくないから逃げて(!)いるのに、
もうやめましょう!

ところで、こんなふうに、人は誰もがトシをとります。
身体が弱くなっていきます。
なので元気なうちに出来る事をしておくのがいいのです。
当たり前のことをいっていますが、分かってない人が多いからこうして書くのです。

人の命は絵永遠じゃない、分かっていながら生活してる人は少ないのです。
悔いのないように、せいいっぱい行きたいですよね、そう思いませんか。

脚本はもうたくさん書いたから、この人はいいのです、悔いはないでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fcpampilhosa.com/mt3/mt-tb.cgi/83

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2020年04月01日 15:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「抹茶のカステラ」です。

次の投稿は「イベント中止」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38