« 看護師の上司への不満 | メイン | 今より楽しい仕事… »

転職が自分を大きく変えることに繋がる

仕事をして毎日の生活を送る。人間が効率よく豊かな人生を歩む上で考えだした方法です。これにより、自由な時間を奪われ、日々追い込まれるかのように仕事をしてお金を稼ぐ必要があります。生産性を高めなければいけませんし、人によっては働く場所すらないことも考えられます。これはとても大切な問題ですし、常に考えておかなければならない課題です。ということは、必然的に転職というものが大事になってくるのです。

終身雇用という働き方が日本の高度経済成長を支えてきました。将来が安定しているようなものですから、働く側からしても安心して人生を送ることができるようになっていました。それどころか普段はあまり興味を持たなかった部分に関しても人それぞれ役割や行動基準が変化してきているので、しっかりと認識をもたなければ何も意味はありませんし、生まれ変わることもありません。

そのような流れを感じる中で、常に大切にしておかなければならない事実があります。それは「転職が自分を変化させる」ということです。転職は自分には無関係だと考えてしまう人も多いようですが、転職は誰にでも関係してくることです。日本においては、パっとしないかもしれませんが、海外では転職をすることは本当に自然であり、否定をする人はほとんどいないのです。

私の元の結婚相手が調剤事務の求人を探していました。調剤薬局の事務の志望動機なんかも書いていましたが結局のところは上記のような流れを意識しなければいけません。どんな職業にも甘いことはないのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fcpampilhosa.com/mt3/mt-tb.cgi/34

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年06月09日 15:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「看護師の上司への不満」です。

次の投稿は「今より楽しい仕事…」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38